入学前課題

入学前課題とは?

キャラクターデザインコースでは、入試合格者の皆さんに、入学前課題を課しています。これは入学前教育の一環で、受験生が入試までの間に鍛えてきた作画スキル(技能)を落とさないようにすることを目的としています。

合格者は、毎月1枚ずつ、課題の絵を描きます。内容は都道府県を代表するキャラクター造形と、もうひとつは教員作品の模写になります。

描いた作品は大学に送ってもらい、それを教員がクローズドSNSのサイボウズLiveを使って講評します。

サイボウズLiveを使った入学前教育は、ただ講評をするだけではありません。教員と合格者、合格者同士のコミュニケーションも活発に行われるため、入学前から参加者全員が親しくなれる利点をもたらしています。


入学前課題の作品


村田蓮爾特任教授作品の模写です。

山田章博客員教授作品の模写です。

サイボウズLive「導入事例」へのリンク

キャラクターデザインコースの入学前教育の取り組み、キャラクターデザインコース教員すがやみつるの教育に対する考え方がサイボウズLiveの「導入事例」のサイトで紹介されています。

サイボウズLive導入事例:漫画家 すがやみつるの場合