コース紹介

キャラクターデザインコースについて

キャラクターデザインコースは、2013年度にマンガ学部マンガ学科内に開設された新しいコースです。

このコースを志望する受験生の大半は、ゲーム・アニメ・ライトノベルなどをいろどるマンガ的要素の強い絵やイラストをイメージしているようです。つまり、ゲームやアニメ、ラノベなどに登場する人物や配役を絵にしたものがキャラクターデザインというわけです。

でも、キャラクターの概念は、こんなに狭いものではありません。

まず、キャラクターの意味を調べてみましょう。キャラクターという言葉は、もともとは英語で、次のような意味があります。

キャラクター 【character】

  1.  性格。人格。その人の持ち味。
  2. 小説・劇・映画などの登場人物。
  3. 文字。記号。

(小学館「デジタル大辞泉」参照)

ゲームやアニメの原作となるストーリーマンガでは、「キャラを立てる」ことが重要だと言われています。この「キャラ」とは、もちろんキャラクターのこと。「キャラを立てる」とは、主人公を含む登場人物の性格や人格が、一目でわかることが重要だということを示した言葉だといえるでしょう。

これはゲームやアニメ、映画、ドラマ、小説などの登場人物についても同じです。とりわけビジュアルの要素が強いゲームやアニメ、ラノベの表紙などでは、一目見たときに瞬時にキャラの性格・人格がわからなければいけません。

キャラクターデザインコースでは、小説のさし絵から社会現象を象徴するキャラクターのデザインまで、キャラクターについて幅広く学び、多彩な表現方法を身につけていきます。

また、デジタルでの表現、着ぐるみなどの立体表現など、ただ絵を描くだけではない、幅広いキャラクターの表現について学んでいきます。

同時にキャラクターデザインコースでは、キャラクターに関連した企業への就職を意識して、グループによるアイデア作り、作品の共同制作、あるいは自分の作品のプレゼンテーションといった「コミュニケーション力」を高める訓練もしていきます。

企業という組織の中で働くときは当然ですが、マンガ家やイラストレーターというフリーランスの職業にもコミュニケーション力は欠かせません。打ち合わせやプレゼンテーションができなければ仕事にならないのが現実だからです。

「他人とのコミュニケーションが苦手」「共同作業には向いていない」という人でも、「キャラクターを創る仕事がしたい」という熱意さえあれば、トレーニングによって容易にコミュニケーション力を身につけることができます。

大事なことは、前に進もうとする気持ちです。

もし、将来、キャラクターに関連した仕事をしたいと考えている人は、ぜひ、京都精華大学マンガ学部マンガ学科キャラクターデザインコースの門を叩いてみてください。

京都精華大学マンガ学部マンガ学科
キャラクターデザインコース
コース長:すがやみつる

京都精華大学Webサイトへのリンク

教員紹介

菅谷充キャラクターデザインコース教授

マンガ家・マンガ原作者・小説家(ペンネーム:すがやみつる)

1971年、所属していた石森プロより『仮面ライダー』にてマンガ家デビュー。以後、児童誌・学習誌を中心に多数のマンガを発表し、1983年、『ゲームセンターあらし』と『こんにちはマイコン』の2作で第28回小学館漫画賞を受賞。
その後、大人向け情報マンガを開拓し、『一番わかりやすい株入門』が60万部を越すベストセラーに。新聞マンガの連載などを手がけた後、1994年、『漆黒の独立航空隊』で小説家デビュー。しばらく小説家に専念するも、2000年代よりマンガの仕事も復活。
複数の大学から「マンガを教えてほしい」という要請を受けたことから、2005年、54歳で早稲田大学人間科学部eスクールに入学し、「インストラクショナルデザイン」を専攻、2009年、早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程に進み、2011年、60歳で修了。2012年より京都精華大学マンガプロデュース学科にて、マンガ原作を指導。
著作は、マンガ、小説、実用書などを含めて200冊以上。
パソコンとネットワークに関しては、日本でのパイオニアのひとり。ICT関連の著作も多数ある。

村田蓮爾キャラクターデザインコース准教授

イラストレーター

1968年10月2日生。大阪府出身。AB型。イラストレーター。1993年、格闘ゲーム『豪血寺一族』のキャラクターイラストを担当する。1994年より、『快楽天』、『ウルトラジャンプ』など各雑誌でイラストを担当する。
『豪血寺一族2』、『GROOVE ON FIGHT(豪血寺一族3)』等のキャラクターデザイン・イラストを担当する。1996年、ゲーム会社を退社し、フリーランスとして活躍。同年、初の画集『LIKE A BALANCE LIFE』【ワニマガジン社】を発表。1999年、村田蓮爾企画責任編集フルカラーコミック誌『FLAT』を発表し、第34回造本・装順コンクール展にて、日本書籍出版協会理事長賞(コミック部門)を受賞する。2001 年、神戸で開催された『FA宣言』より、イラストの立体化企画がスタートレ、2003年、アートギャラリーGoFa にて第1回『fa RANGE MURATA collection 001』展が開催される。OVA『青の6号』・TVアニメ『LASTEXILE』やゲーム『スパイフィクション』などのキャラクターデザ
インを担当。2003年、第二画集『futurhythm』【ワニマガジン社】を発表し、第38回造本装幀コンクール展にて、日本書籍出版協会理事長賞を受賞する。2006年には、第37回『星雲賞(アート部門) 』を受賞。また、コミックマーケットなどのイベントで、個人サークルより、同人誌を発表している。(サークル名: PASTA’S ESTAB.)

西野公平キャラクターデザインコース教授

マンガ家・アニメーション作家・iPhoneアプリ開発

東京造形大学在学中に小学館新人コミック大賞を受賞し『週刊少年サンデー」でデビュー。以後月刊少年サンデー(小学館)、月刊少年ジャンプ(集英社)、月刊少年マガジン(講談社)、コンパットコミック(日本出版社)、アニマルハウス(白泉社)等の雑誌でマンガを発表するかたわら、小説の挿画、劇場アニメーション映画『ガンダムF91 」の設定協力、WEBアニメーション制作などを手がける。
国土交通省、特許庁、京都のれん会、NTTなど、多くの組織、企業にアニメーションやマンガを提供。
2001年より京都精華大学マンガ学部マンガ学料ストーリーマンガコース
2001年財団法人デジタルコンテンツ協会「コンテンツ制作基盤技術等開発業」に採択され、ネットマンガを制作。
2003年週刊少年ジャンプ主催「第1 固デジタルマンガ大賞」受賞。
2003年平成15年度文化庁メディア芸術祭賞マンガ部門、エンタテインメン卜部門に3作品が選出される。
2004年週刊少年ジャンプのWEBサイトにてデジタルマンガ「LOST ALIAS ダンガン』を連載。
2011年iPad、iPhone, iPod touch用のマンガアプリ「サイバーマンガ1号』、「ゾンピくんおみくじ」をリリース

辻田幸廣キャラクターデザインコース准教授

アニメーター クリエイティブディレクター ゲームデザイナー

1970年生まれ。兵庫県出身。1992年より渡英。
1997年 Kingston University BA(Hons) Illustration主席卒業後、2002年 Royal College of Art, MA Animation修了。
2000年文化庁芸術家在外派遣制度研修員(メディアアート)。アニメーションを中心に、動きに関わるコミュニケーション・アート(表現)やユーザー・エクスペリエンスの研究、実践を続ける。クリエイティブ・ディレクターとして、アニメーション制作、ゲームデザイン、様々なワークショップや、ハッカソン、アイデアソン等にも関わる。
日本アニメーション協会会員。

■最近の活動
2006年 アニメーション大会の提案と運営。
2007年 瀬戸内芸術祭のキックオフイベント参加。
2011年 インターネットブラウザのデザイン設計。
2011年 TOKYO MIDTOWN 21_21「アーヴィン・ペンと三宅一生」会場用アニメーション制作(部分)
2015年 ゲームデザインやゲーム用のアニメーション制作。
2015年〜 様々なハッカソン参加と受賞。
2016年〜 大阪のまちづくり「Code for Osaka」実行委員会。
など

■受賞・入選歴
(アニメーション)
1997年 Student Animation Festival in Ottawa 入選 (in the city)British Animation Award 入選(nightmare)
1998年 BAFTA, Royal Television Society, Student Video Awards 1997 National Award 入選(Mr. Smith)
The Royal Society for the encouragement of Arts, Manufactures & Commerce-Student Design Award, Travel Award of £1,000 and a British Airways Flight Award 受賞(Greytown:英国)
2001年 文化庁メディア芸術祭 入選(The Order)
アニメーションフェスティバル2001 in杉並アニメの杜すぎなみ 受賞(Mr. Smith)
2002年 文化庁メディア芸術祭 入選(nightmare)
2003年 文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品(the Order)
など

山田章博キャラクターデザインコース客員教授

マンガ家・イラストレーター

1957年2月10日生まれ高知県出身京都府在住
デビュー作: erぱだんぱだん」(1981 年3月みのり書房「月刊OUT増刊ALLAN』掲載)
代表作:●「BEAST of EAST~東方陸軍録~」(幻冬舎コミックス『月刊コミックパーズ』連載中) ●「口ードス島戦記~ファリスの聖女』
(原作・水野良角川書店刊) ●「紅色魔術探偵団』(日本エディターズ刊)
イラストレーターとしても評価が寓く中でも『十二国記』(小野不由美・著)の挿画は有名。その他、ゲームやアニメのキャラクター原案・映画のコンセプトデザイン等も手掛ける。
1996年第27目星雲賞(アート部門)受賞
2006年『山田章博展~幻想空間へのいざない~』開催(高知・横山隆一記念まんが館)
2010年『From ukiyo-e to contemporary illustration:the great Japanese graphical art部門(浮世絵から現代のイラストまで~日本の偉大なグラフィックアート)」参加(伊トリノ市・Accademia Albertina di Belle Arti)
2011年「山田章博一世界を生み出す魔法の筆一展」開催(京都国際マンガミュージアム)

ときまつさなえキャラクターデザインコース特認准教授

マンガ家・コミックイラストレーター

1977年3月、小学館「月刊少女コミック」マンガ賞で努力賞入賞。
1977年10月、小学館「月刊ちゃお」第一回マンガスクールで優秀賞受賞、同年10月に「ちゃお」で「愛をはかるの天秤座」でマンガ家デビュー。
1978年「ちゃお」にて「若草のシャルロット」を連載開始し、テレビ朝日系でテレビアニメも同時スタート。
その後、小学館、講談社、秋田書店、竹書房、芳文社、宙出版、ぶんか社、などで少女マンガ、ギャグマンガを多数発表する。
1984年、円谷プロダクション制作アニメ映画「ウルトラマンキッズ」でスーパーバイザーを担当。
1999年、ベネッセコーポレーションの教材のイラストを担当。
同時期に世界文化社の絵本で童話を発表。CHUGAI製薬の小冊子、経済産業省の小冊子のマンガ、東京都文京区の小冊子、東京書籍の小学理科教科書の挿絵、偕成社の児童書の挿絵などを手がけ、コミックイラストレーターとして活躍の場を広げる。

2004年から十年間、東京都町田市「東京町田学園町田専門学校コミック科で非常勤講師を勤めデジタルを教える。
現在、クリエイターのデジタル集団「j-mac」と、マンガ家のデジタル集団「デジタルマンガ協会」に参加中。

こげとんぼキャラクターデザインコース非常勤講師

マンガ家・キャラクターデザイナー

マンガ家、キャラクターデザイナー、イラストレーターとして長年多方面で活躍。代表作は『デ・ジ・キャラット』。その他にも『ぴたテン』『かみちゃまかりん』などの多数のオリジナルマンガ作品がアニメ化されている。
1996年 学研コミック大賞を受賞。
1997年 進研ゼミ、『電撃コミックガオ!』等でイラストや漫画を掲載。
1998年 ゲーマーズの月刊情報誌「げまげま」にてデ・ジ・キャラット登場

◆マンガ代表作

1999年〜2003年 ぴたテン(メディアワークス 全8巻)
2003年〜2005年 かみちゃまかりん連載(講談社 全7巻)
2006年〜2008年 かみちゃまかりんchu(講談社 全7巻)
2004年〜2005年 恋姫草紙(メディアワークス 全1巻)
2008年〜2011年 亡き少女の為のパヴァーヌ(マッグガーデン 全7巻)
2009年〜2010年 どきどき!たまタン(講談社なかよし 全3巻)
2011年〜2013年 ヨメさんは萌え漫画家(マッグガーデン 全3巻)
2014年〜連載中  ママさんは萌え漫画家(マッグガーデン)

◆原作以外のアニメ・キャラクターデザイン代表作

2001年〜2002年 ちっちゃな雪使いシュガー(キャラクター原案)
2005年 プリンセスコンチェルト(ゲーム キャラクターデザイン)

マンガ学部非常勤講師

イラストレーター・キャラクターデザイナー

1999年 専門学校在学中にWEBサイトを設立。それと同時に出版社からのピンナップ依頼を受け、フリーのイラストレーターとして活動を始める。
以後イラストレーター、キャラクターデザイナーとして数々のヒット作品を手がける。

◆イラスト代表作

2007年〜2011年 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (ライトノベル挿絵 全10巻)
2009年〜2015年 ささみさん@がんばらない (ライトノベル挿絵全11巻)
2009年 初音ミクの消失 他9点 (CDジャケット イラスト)

◆キャラクターデザイン代表作

2011年 フラクタル(アニメ キャラクター原案)
2012年 アーシャのアトリエ(PS3用ゲーム キャラクターデザイン)
2012年 夏色キセキ(アニメ キャラクターデザイン)
2013年 エスカ&ロジーのアトリエ(PS3用ゲーム キャラクターデザイン)
2013年 ささみさん@がんばらない(アニメ キャラクターデザイン)
2013年 討鬼伝(PSVita用ゲーム キャラクターデザイン)
2013年 ビビッドレッドオペレーション(アニメ コンセプトデザイン)
2013年 討鬼伝極(PSVita用ゲーム キャラクターデザイン)
2014年 シャリーのアトリエ(PS3用ゲーム キャラクターデザイン)

ざいんマンガ学部非常勤講師

イラストレーター

多摩美術大学油絵科在学中に「ざいん」名義でWEB上にオリジナルイラストを公開。翌年からpixiv等をきっかけにイラストの受注を開始。
修士課程卒業後本格的にフリーのイラストレーターとして活動を始める。

◆代表作

2009年 mikumix(WEBコンテンツ アストロインパクト イラスト)
2011年 iKILL、 iKILL2.0(星海社 小説カバー、挿絵)
2011年 TOYOTA COROLLAx初音ミク(米TOYOTA 広告イラスト)
2011年 Supernova6(EXIT TUNES CDジャケットイラスト)
2012年 囚人と紙飛行機 少年パラドックス(PHP文庫 小説カバー、挿絵)
2012年 死ぬのがこわくなくなる話(星海社 小説カバー、挿絵)
2012年 HEARTBEAT(創元推理文庫 小説カバー)
2012年 カレンダー「ファミリーマート初音ミクウインターフェア」(イラスト)
2013年 東方イラストメイキング録2.0(普遊社 イラスト)
2013年 HEARTBLUE(創元推理文庫 小説カバー)
2014年 ロードオブヴァーミリオンⅢ画集 紅蓮(SQUARE ENIX イラスト)
2014年 戦国スナイパー謀略・本能寺篇(講談社 小説カバー)
2014年 JUDAS CODE((株)トライエース PSゲーム イラスト)
2014年 Wonder4World(ARTVIVANT ソーシャルゲーム イラスト)
2014年〜2015年 されど罪人は竜と踊る(ガガガ文庫 小説カバー、挿絵)

吉田誠治マンガ学部非常勤講師

イラストレーター

東京造形大学卒。在学中からグラフィッカーとしてゲーム会社に勤務。卓越した画力とスピードで徐々に業界内で頭角を現し、特に社外からのゲーム背景の依頼を多くこなす。2003年以降は独立し、主にPCゲーム背景の制作やコンセプトアートなどを中心に数々のヒット作品に関わる。また小説の挿絵など、イラストレーターとしても活躍している。
Twitter上でのメイキング解説やワンドロも好評で、ハッシュタグ「#背景版深夜のお絵かき60分一本勝負」の中で圧倒的な画力とスピードで名を馳せる。また投稿されたメイキングやHowToも多くの絵描きから支持を得ている。

◆参加ゲーム代表作(背景)

2003年 モエかん(ケロQ)
2004年 North Wind (DreamSoft)
2007年 夏めろ(AcaciaSoft)
2009年 仏蘭西少女 (PIL)
2010年 失われた未来を求めて(TRUMPLE)
2010年 素晴らしき日々〜不連続存在〜(ケロQ)
2011年 神学校 -Noli me tangere- (PIL/SLASH)
2015年 サクラノ詩 (枕)

藤本ミツロウマンガ学部非常勤講師

マンガ家・イラストレーター・ドール作家

1989年マンガ家として商業誌デビュー。
イラスト、漫画制作、商品量産ドールのプロデュースなど、多彩な活動を展開。展覧会やイベント、アーティストとのコラボや雑誌に多くの作品を提供・出品。アートディレクション、デザイン、撮影も行う。国内外のミュージシャンMV企画に絵コンテ制作&パフォーマンスで多数参加。 
International Digital Cartoon Competition2007にてモバイル部門で最優秀賞受賞。

◆代表作

TVKバラエティ番組 HYPER ViSUADOLL MOVIE Dolly☆Variety 全26話
あなたに愛されたいのにシリーズ(宙出版)
(株)Grooveクリエーターズレーベルシリーズ

◆書籍

ぜんまいのない自動人形(ラポート株式会社)
あなたに愛されたいのに(宙出版)
遊魚(宙出版)
うてな(宙出版)他
PhotoshopショートカットMANIAX(オーム社)
BLマンガの描き方(グラフィック社)

浅井康マンガ学部非常勤講師

アニメーション作家・webデザイナー

20年以上webデザインおよびプログラミングに携わり、10年以上webデザインやプログラミングの講師として大学、専門学校、企業研修などで講座を務める。
「あさいやすし」名義でアニメーション制作を行っており、その作品は国内外の子供映画祭で上映されている。
2011年より5年間、京都精華大学マンガプロデュースコースでwebデザインの授業を担当していた。
現在はキャラクターデザインコースのデジタル演習でwebデザイン、サイト構築の授業を担当。また3回生対象の「ゲーム作画演習」ではAdobeAfterEffectsを使用してのプロモーション動画の作成やノベルゲーム制作の授業を行っており、毎回履修登録が店員オーバーで締め切られる人気授業となっている。