イベント「カナート警察24時」が無事に終了しました!

8月26日(土)、27日(日)に下鴨署管内のショッピングセンター「カナート洛北」でキャラクターデザインコース3回生西野ゼミのメンバーとカナート洛北、下鴨警察署のコラボレーションでリアル体験ゲームイベント「カナート警察24時」が開催されました。

内容は2部構成になっており、一つは「追跡編」…カナート洛北館内で手がかりを元に証拠や証言を探し出し、謎の誘拐犯を容疑者の中から特定します。

そしてリアルタイムで密室に閉じ込められ、誘拐された少年の命を救うために謎を解く「救出編」。どちらもたくさんの方々に参加していただき、大好評でした!

追跡編…

まず殺人現場で担当警察官から殺人現場の
状況を聞きます。

次は手がかり元にカナート洛北の中を捜索し、次の証言や証人を探します。ご覧の通り追跡編は年齢制限なし。だから親子連れの新人警官(笑)もたくさん参加しました。

犯人がわかったら本署に戻って署長さんに報告です。画面に映し出される容疑者の中で、誰が犯人かを指さして貰います

みごと正解すると署長さんからお褒めの言葉が!そして周りのスタッフやお客さんからも祝福の拍手が響き渡ります。

もちろんそれだけじゃありません。正解者には様々なグッズのご褒美が!みんなどれを選ぼうかすごく迷っていました。

救出編

こちらはリアルタイムで経験するドキドキ体験のゲームです。まずは担当官から事件の概要を聞いて室内へ!中は工事現場のような異様な空間です。

その時モニターの中に犯人が!謎を解かなければ別の場所にいる少年が死ぬと言われます!

少年に迫る大型ののこぎり!早く謎を解かなければ少年は死んでしまします!

謎は3つ、全て交通標識や防犯意識に関する問題です。なんと犯人は警察に恨みを持っていたのです!!

謎の答えはパスワードです。ここに入力すればのこぎりは止まります。

やっと3つの謎を解いても、最後に犯人の大きな罠が!!実は第2弾をやって欲しいとの要望をたくさんいただきましたので、現在企画を練っています。この続きが気になる方はこのページのチェックをお忘れなく!ひょっとしたら第2弾が出来るかもしれませんよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です