デジタルアニメの授業が終了

1月25日(水)、10月から4ヶ月、15回にわたって開かれてきた「キャラクター造形演習」という2回生向け授業が終わりました。この授業は「OPTPiX SpriteStudio」というデジタルアニメ作成ソフトで、自分がデザインしたキャラクターを動かすというもの。最終日にはゲーム会社のデザイナーやアニメーターの方も見学に来られて、学生たちにアドバイスをしていただきました。

最終日のこの日は、完成した動画のプレゼンテーションでしたが、発表が苦手という学生のため、先週は、下にあるようなボイストレーニングの授業も実施しました。

社会に通用するクリエイターの育成――それがキャラクターデザインコースの目標です。