今年の着ぐるみ劇公演が終わりました

 今年もキャラデコース2回生による着ぐるみ劇公演が開かれました。今年のタイトルは『不思議の国のアリス』。2Dのデザイン画から発泡スチロールを削って3Dの人形を作り、衣装や大道具、小道具、BGMまで、全て手作りで完成させました。

 この授業で学ぶのは、チームワークの結束力。それぞれが割り当てられた役割をやり遂げる自覚を持っているためか、欠席がきわめて少ない授業でした。

 キャラデコースでは、こんなチームで一緒に何かを創る授業を重視しています。