カテゴリー別アーカイブ: 作品紹介

2020年度3回生・4ゼミ合同作品展『キャラ・デ・ファンタジーア』のお知らせ

来週10/14(水)より、毎年恒例の3回生作品展『キャラ・デ・ファンタジーア』を開催いたします!
この展覧会は、3回生の7つのゼミのうち【西野ゼミ・藤本ゼミ・タダゼミ・こげどんぼ*ゼミ】4つのゼミ合同の作品展となっております。

今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、コース一同悩みに悩みましたが、「たとえ無観客でも目標に向かって作品を制作することに意味がある」と考え、後期からは大学も対面授業が始まることもあり、各地の感染状況も踏まえた上で開催する運びとなりました。

デジタルイラスト・アナログ画・映像・立体造形など、個性溢れる作品展となっております。
学生たちの作り出すキャラクターの世界(ファンタジア)をぜひご覧ください!


京都精華大学 マンガ学部 キャラクターデザインコース3回生作品展
『キャラ・デ・ファンタジーア』

【会期】2020年10月14日(水)〜2020年10月17日(土)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)

【場所】同時代ギャラリー
(京都府京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル2F)
※公共交通機関によるアクセス方法につきましては、【同時代ギャラリー】のHPよりご確認ください。

【その他】入場無料 / 撮影OK
※ご質問等ございましたら、会場の学生スタッフにお気軽にお声掛けください。
※ご来場の際には必ずマスクの着用をお願いいたします。(マスクをされていない場合はご来場いただけません)
※消毒等その他の感染防止対策につきましては、会場スタッフの指示に従っておこなっていただきますようお願い申し上げます。
※体調がすぐれない場合は、ご来場をお控えください。
※こちらの情報は今後の感染状況により、急遽内容が変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【2020年度秋展示情報発信 Twitterアカウント】→@kyarade218aki


2020年度前期・2回生のドール作品をご紹介!

前期に本コースの2回生が授業で制作したドール作品の紹介動画をYouTubeにアップいたしました!

こちらの作品は、デザイン画の制作からスタートし、素体ドールのメイク・衣装制作なども含め、すべて学生自身がおこないました。
作品の撮影・画像のレタッチも含め、一連の課題制作となっております。

今年度前期の授業は、新型コロナウイルスの影響によりオンライン授業を受けながら自宅での制作という難しい状況ではありましたが、今年も例年に負けない力作揃いです!!
ぜひ上記動画リンクよりご覧ください。

こちらの作品は後期より大学内でも展示予定ですので、オープンキャンパス等ご来校の際に実物をご覧いただけます。

最新版『キャラデノ』できました!

毎年キャラデの学生が全員参加で作る画集「キャラデノ」。
昨年の作品を集めた最新版が出来ました。

オープンキャンパスに来ていただければ冊子をお渡し出来るのですが、難しい方向けにPDF版も用意しました。

ぜひ下記リンクからダウンロードして、キャラデの学生作品をお楽しみください!

2019charadeno96-2

しづ先生オリジナルアニメーション作品に学生が参加!

昨年本コースにゲスト講師として来てくださったしづ先生が先日、オリジナルアニメーション「spinoid」の第1話を公開されました。

そしてなんと!
こちらの作品に本コースの2019年度2・3回生の有志6名背景美術として参加しております!(クレジット表記はペンネームです)

しづ先生をはじめ、素敵なクリエイターの方々とのコラボになっております。
ぜひご覧ください!

↓画像をクリックすると動画に飛びます。

京都伏見の観光アプリにキャラデコース学生のイラスト採用

2018年3月14日にスタートした京都・伏見の観光スポットを案内するAR(拡張現実)技術を使ったスマホアプリ「おやかまっさん」に、キャラクターデザインコース卒業生・根上里菜さんのイラストが採用されました。

根上さんは、4年生に在学中の2017年、講談社「イブニング」新人賞の優秀賞を江戸時代を舞台にしたマンガで受賞。その画力と歴史に深い知識を持つことが評価され、今回のイラスト採用になりました。

スマホにアプリ「おやかまっさん」(Android版のみ)をインストールして京都・伏見の歴史スポットに行くと、根上さんのイラストが画面に浮かび上がり、記念撮影ができます。

このアプリについては京都新聞でも大きく採りあげられ、根上さんも記事で紹介されました。

伏見方面に出かける機会がある方は、ぜひ、お試しになってみてください。

伏見観光アプリ「おやかまっさん」発表リリース

「おやっかまさん」ダウンロード

 

2回生のデジタル動画作品が紹介されました

京都精華大学マンガ学部キャラクターデザインコースには、2回生後期に自作のイラストをデジタル動画にする授業があります。OPTPiX SpriteStudioというスマホゲームなどの動画制作に使われているソフトを使って自作キャラクターをアニメにする授業です。

DSC_0164

授業最終回には、SpriteStudioの開発・販売元で同ソフトを提供していただいているウェブテクノロジの方、このソフトを使ってゲームを作っているハッピーエレメンツという京都のゲーム会社のデザイナーさんとアニメーターさん、1月にキャラデコースの学生も参加させていただいたGGJ(グローバル・ゲーム・ジャム)の主催者でもあるIGDA(国際ゲーム開発者協会)の方にも来ていただき、学生の作品を見ていただきました。

また、ハッピーエレメンツのアニメーターさんは本学アニメーションコースの卒業生で、実際のゲームでSpriteStudioがどのように使われているかもデモしてくださいました。

この授業最終回の模様が、ウェブテクノロジさんのWebサイトに掲載されましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

SpriteStudioを使用したアニメ制作の授業参観レポート 京都精華大学 2016後期@ウェブテクノロジ

1期生の作品集が完成しました

0322

 2013年4月に入学したキャラクターデザインコース1期生の作品集が2冊、完成しました。1冊は、学生がイチオシのイラストを集めた『1期生作品集2013』。もう1冊は、学生の入試体験を短篇マンガにした『入試体験マンガ集2013』です。
どちらもオープンキャンパスで配布されますので、ぜひ、お越しください。とりわけ『入試体験マンガ集』は、受験生の皆さんにとって参考になる情報が盛り込まれていますので、ぜひ、ご一読を。